×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

認知症の介護

認知症の介護を在宅でするときに大事なことは、まず認知症の介護をすることで色々なものがかかりますので症状等にもよりますが、市町村などで介護保険の申請をするようにしたほうが良いでしょう。認知症の介護を在宅でしていると、紙おむつやリハビリ用のパンツなど想像以上にかかるようになってくると思います。市町村によっては支給してくれるところもあれば、自己負担をかなり軽減してくれるようにしてもらえたりしてもらえます。もし若年症の認知症の介護ですとこれからかかる時間もありますので、金銭的負担だけでも軽減できるようにしましょう。認知症の介護の介護保険のサービスはたくさんありますので、一般の人では難しいと思いますので、お近くの福祉課や在宅介護の支援センターなどに相談して信頼のおけるケアマネージャーなどを紹介してもらうとよいと思います。認知症の介護はお一人で悩むのではなく、若年性や、高齢の認知症の介護に限らず信頼者を得ることは精神的にもらくになります。

認知症の介護での会話

認知症の介護を在宅などでしていると、会話などに困ってしまうことがあると思います。始めて認知症の介護や痴呆症の介護をしているとその会話や行動に対して困ってしまうことがあると思います。認知症の介護では、そういったことがあるとわかっていると対応の仕方にも自分の精神的にも対応の仕方が変わってくると思いますので、若年性の場合は特にそうですが認知症の介護をしているんだと認識することが大事だと思います。認知症だと認めることは大変勇気がいることですが、原因もいろいろありますが、病院などでチェックして怪しいと思ったら早めの相談をすることが良いと思います。認知症の介護をするときは、家族会議などで事前に話しあうことも大事ですね。会話のうえでは、あまり否定したり、自尊心を傷つけることを本人のまえで言ってしまうと、そのことによって精神的に参ってしまうこともあるので認知症の介護では会話なども気をつけたほうがよいでしょう。特に粗相をした場合などの認知症の介護は初めては辛いと思いますが気をつけましょう。

認知症の介護での骨折

認知症の介護で気をつけなくてはいけないことは、介護者の怪我などの注意が必要になってくるでしょう。若年性の認知症でもそうですが、高齢者の認知症の介護では特に骨なども弱っていたりするのでちょっとした不注意からの転倒などで骨折してしまうことがあります。夜徘徊などで知らずすらすのうちに転倒していたりする場合もありますので認知症の介護ではそのあたりも注意するようにしましょう。認知症の介護を始めてするときや、初期症状かなと思ったときは、防止法やリハビリの仕方も含めて病院や施設で相談してもよいでしょう。認知症の介護では在宅での介護や老人ホームなどに預ける場合だとしても、きちんと家族会などを開いて納得するうえでのケアをしていくことにしましょう。これからの高齢化社会に向けて自分には関係のないことだとは思わないで、今から認知症の介護に関係する書籍等を読んでおいてもよいでしょう。認知症の介護のかたや、している方の心のケア等も考えておいてもよいと思います。


Copyright © 2007 認知症の介護をするうえで